はな劇場

地下1階。土壁に囲まれた、アップライトピアノとステージだけの場末パブ。Googleマップには載っていません。

著作権侵害で脅された個人ブロガーは、私以外にもいるかも?

あるウェブサービスをスクリーンショットで紹介した個人ブロガーが、損害賠償金として50万円を請求された件が話題になっています。ブログを書いている人にとっては、無視できない問題ですよね。

 

これを読んで思い出したんですが、私も以前、著作権侵害として「損害賠償金50万円払え!」と言われたことがあります。

 

損害賠償を請求されたらどうする?

著作権、法律

まず、ブロガーならその体験を記事にしますね、笑。他にはない貴重な体験談になりますので。私も自分の記事に書いています。

ちょっと前の記事なので、文章も稚拙ですが参考までにリンクを貼っておきます。

 

blogbeginner.click

 

今回の事件を知って、おやっと思ったのは、私も同じく50万円を請求されたためです。

 

そういう話って実は以前からあるの?

…って思ってしまいますよね。

nlab.itmedia.co.jp

 

上の記事でも、「損害賠償金50万円」という金額の根拠がはっきりしないと語られています。

どうして損害賠償金額がいつも50万円なのか。「それくらいなら相手も払いやすいだろう」と思っているのでしょうか。

 

初心者ブロガーならびっくりして払っちゃうかも!?

私のケースでは、弁護士が登場するところまで進みませんでした(私はオンラインで相談しましたが)。でも、かえって著作権について本気で勉強するいい機会になりました。

そもそも、この騒動があったときの私の稼ぎは微々たるものだった(今もあまり変わっていない)のですが、万が一手元に十分なお金があったら「なんかよくわかんないけど、面倒だから払っちゃえ!」と思ったかも、と思ったりもします。

 

もちろん、今回のケースは本当に「著作権侵害」と判断される可能性がなくもないわけですが、相手の態度に恐れず法的に戦おうとしているブロガーさんを、応援したくなってしまいます…。

 

参考にさせていただきました:

www.arafoneet.com