はな劇場

地下1階。土壁に囲まれた、アップライトピアノとステージだけの場末パブ。Googleマップには載っていません。

ストロマエ「フォーミダブル」Stromae - Formidable

ストロマエStromae(1985-)は、ベルギー・ブリュッセル出身のシンガーソングライターです。15歳からラッパーとして活躍しているそうです。

 


Stromae - Formidable (ceci n'est pas une leçon)

 

この曲の中でも、歌っているというより語っている部分が多くちりばめられています。しかし、何度も繰り返すサビの部分は記憶に残りやすい旋律、歌詞も単純なので、聞いているだけで覚えてしまいます。

歌のタイトルにもなっている「Formidable」はフランス語で「素晴らしい」という意味で、英語の「Wonderful」に相当します。

この単語が何度も繰り返し歌われますので、自然と覚えてしまえますよね。

 

Tu étais formidable,
j'étais fort minable
Nous étions formidables

 

「j'étais formidable」と歌っているように聞こえますが、実は違うんですね。フランス語の歌詞を読んでみると、「j'étais fort minable」となっていました。

発音がよく似ていますが、formidableは「素晴らしい」と意味になるのに対して、fort minableは「とても惨めな」という意味になります。そこが、この歌詞のおもしろいところですね。

 

f:id:hanagardener:20190425070647j:plain

 

リフレインされるこのフレーズ、フランス語のbe動詞「être」の直接法半過去形が活用されています。

j'étais
tu étais
il était
nous étions
vous étiez
ils étaient

 

歌のサビの部分では、j'étais、tu étais、nous étionsと、3種の活用が出てくるので、この歌が歌えるようになれば暗記できちゃいますね。

 

「Formidable!(素晴らしい)」と連呼される歌詞のわりに、憂いを帯びた旋律と印象的でパワフルな曲調によって、静かな怒りにも似た哀愁感がますます強調され、つい何度も聞いてしまうんです。

 

このビデオに出ているのはストロマエ(マエストロをもじった名前)本人ですが、途中、警察官に「Ça va, Stromae? (大丈夫か)」と声を掛けられます。警察官の一人が「君の大ファンなんだ(un grand fan)」というので、ストロマエもへへっと笑って「ありがとう」と言ってます。

「飲み過ぎちゃったの?」と心配されていますが、演技なのかな、それとも本当に酔っぱらっていたのか…。よく見ると、その後も数人の通行人がスマホで彼の写真を撮影しています。

 

そういう遊び心たっぷりのビデオクリップでした。

ちなみに、その他部分のフランス語歌詞は、私はまだ完全に理解できていないので、質問しないでくださいね~笑!