はな劇場

地下1階。土壁に囲まれた、アップライトピアノとステージだけの場末パブ。Googleマップには載っていません。

モントリオールの夏が嫌いな理由

私が住むカナダ、モントリオールは夏が短く冬が長い場所です。だいたい10月には初雪が降り、氷と雪に閉ざされる時期は11月から4月末まで続きます。夏はといえば、「暑-っ」と感じるような日は、おそらく実質7~10日間くらい。

 ここに引っ越してくるまで、通年の最低気温が9度(マイナスじゃないよ)を下回ることのない香港に10年近く住んでいた私にとって、ここの夏はモノタラず、「夏が来た!」と思った瞬間に「夏の終わり」を感じる、という具合で。

 

それでも、街の人々は短い夏を精一杯謳歌します。また、夏の間日照時間が長くなるので、少々寝不足になっても夏と日差しをエンジョイします。

これは私も同感なんですけどね。。。

問題は、その騒音。

 

f:id:hanagardener:20190704224931j:plain

近所の騒音で眠れないことしばしば。

夏、暑い日には30度を超えることもありますが、うちにはエアコンがない(ちなみに香港では暖房がなかった)。

それで、窓を開放して過ごすしかないわけですが、昼間も夜もけっこうウルサイ。

 

昼間は日曜大工の音、夜は屋外でのパーティや話し声による騒音です。

「話し声ってそんなにうるさいもの?」と思うかもしれませんが、コチラの方は発声が良いのか、けっこう「通る声」の方が多く、しかも、建物が煉瓦や石造りなので、あちこちにエコーします。

いったい、どこでしゃべっているのか、どこからどこへ反射して、我が家の窓から侵入する音なのか、不明。

 

さらには、最近引っ越してきた隣人でしょうか。階下の人たちが夜中にベランダでおしゃべりをしながら、タバコを吸っていました。

少しばかりお酒も入っていた私は、眠れなくてイライラして、

「(英語で)ねえ、ちょっと黙ってくんない? 眠れないんだけど」

と窓の外に向かって叫びました。

私の声も近所の煉瓦壁に反射エコーしていたことでしょう。

「Please」も「Excuse me」もなく、とてもルーズな言い方だったのは少し反省します。でも、真夜中だよ。香港の繁華街じゃないんだから。

 

すると階下からはすぐさま、

「Oui.(フランス語で「Yes」)」という男性の声が。

 

それで、いったん静かになったものの、しばらくして、また、ボソボソしゃべりだす始末。

 

これには、いい加減、夫もキレて、フランス語で彼らを注意してました。で、またいったん静かになるものの、やっぱりまだしゃべってる。

そんなに話がしたいなら、その辺のバーにでも行けば? と思うんですけどね。

 

 

翌朝、あまりにも腹が立つので、それで詩を書いたった。

 

medium.com