はな劇場

地下1階。土壁に囲まれた、アップライトピアノとステージだけの場末パブ。Googleマップには載っていません。

文章を書く上で最も難しいこと【文章執筆のヒント】

英文で記事を書くようになってから、語彙と表現力を豊富にするために、できるだけ英語で書かれた文章を読むようにしています。それを基礎としてライティングするわけですが、やはりね、力不足という壁にぶち当たっています。

 

f:id:hanagardener:20190626004347j:plain

 

 英文ライターを目指しております。かなり長いスパンで考えているので、5年後とか10年後くらいに英語で書籍が書けるようになればいいかなぁ、とふわっと考えています。

 

 先日、ポッドキャストでチラっとしゃべったんですが、けっこう重要なことだと思うので、書き残しておくことにしました。

 

 

 文章を書いていて、一番難しいと思うのは「描写」だと思うんですよね。

 

情報を伝達するための文章や説明文、ノウハウ記事というのは、それほど難しくありません。分かりやすく書くことに集中すれば、おのずからどんな書き方をすればいいのか見えてきます。

 

ところが、物事や情景を描写するのは難しいですね。言葉が足らないと読者にはその内容が伝わりませんし、言葉が多すぎると文章が間延びして読了するのがつらくなります。

日本語でフィクションを書き始めたので、いつかは英文でも創作執筆がやりたいです。でも、例えば、ダンスを踊っている様子、歌を歌っている様子、音楽、料理の味やにおい、人の容姿などを形容するための表現が、決定的に不足していることに気が付きました。

さらに、こういう表現はネット上にはあまり洗練されたものが多くないので、書籍を読まなくちゃ…。

 

英文ライターへの道は、まだまだ遠いです。

 

コチラの記事もおススメです

 

www.hanatabito.com

 

 

www.hanatabito.com