はな劇場

地下1階。土壁に囲まれた、アップライトピアノとステージだけの場末パブ。Googleマップには載っていません。

社会問題

インターネットの神話

日本への一時帰国ということで、日本でいろいろ買いたいものがあります。その一つが書籍、デジタルではなく紙の書籍です。 本を購入するとき、ここ数年はもっぱらアマゾンで購入することが多いです。親書だけでなく古本も検索できるので、かなり便利です。そ…

老後不安や年金不安で今の生活をおろそかにしては長生きできないかも、という話

私は現在日本に住んでいないので、日本のメディアがどんなふうに情報を配信しているのか把握しておりません。でも、ネットで見る限り、老後不安とか年金不安とか「ちょっと煽りすぎでは・・・」という危機感を感じているので、素直にその気持ちをつづってお…

人権とか差別とかいう話はブロガーにとってリスキーな話題だけど、あえて語っておきたい

日本って、ほんとうに密かなタブーが多いですが、人権や差別に関する話題もそうですよね。先日からツイッターでは取り上げられるものの、日本の政治家やメディアはほとんど触れることのない香港デモとかもその一つ。 要するに、こういう「議論をかもし出す」…

【ケチの美学】そのプラスチック本当に必要ですか?

昨年の夏、我が家の近くの道路に自転車専用レーンが追加されました。モントリオールの街をサイクリングするのは好きなので、うれしく感じる反面、その分車道が狭くなってしまったことには、夫も辟易していました。 ただでさえ、車の運転がしにくい市内なのに…

ダークウェブと人肉売買ー人肉ってどう料理すればいいの?

「あら、お肉買ってきてくれたの? ありがとう」 「うん、ちょっと安かったからね。」 「そう、でもこれってどこの部位?」 「人の肉だけど、たぶんモモ肉かな?」 「えー、私、人肉なんて料理したことないけど、どう料理すればいいの?」 まな板の上に置か…

いつも責められるのは情報を発信する側って、おかしくない?

数年前に起こった健康系キュレーションサイトの倫理的問題は、まだ記憶に新しいと思う。 相手が大企業ということもあって、かなり叩かれたわけだけれど、こういう問題でいつも責められるのは情報発信側だけというのが、私には気に食わない。

男女平等主義だとバレたらウェブライター不採用になった実話

私のブログ記事を読まれたことがある方は、私の文章力についてどう思われるでしょうか。自分としては、ときどき論理が飛躍することはあれど、一応平均以上だと自負しているんですけどね、笑。昔から国語は得意科目だったし。 これまで、ライターとしては水準…

マイノリティなケースを盾にとって論理を振りかざす男性たちへ

先日、ある記事を読んで、胸が痛くなった。 ツイートでコメントしたのだけれど、こういう話題について日本人は本当に食いつきが悪いと思う、笑。

本当に伝えたいことはインターネットでは伝わらないというジレンマ

ウェブライターの世界で駆け出しのころ、こんな案件がありました。 「摂食障害について書いてくださるライターさんを募集しています」

医師の奴隷労働と行列のできる裁判所(行列のできる法律相談所ではありません)

先日、ツイッターを通じて知った「無給医」という制度にとても不快感を感じました。少し前からこの件は話題になっていたようですね。でも、私はごく最近まで知らなくて... こんなの海外なら即刻訴訟だ。だから、病院は儲かる→日本には病院が多い。医師が足ら…

「それは間違ってるよ」では差別は無くならないという話

昔、中国人男性と恋に落ちたことがある。彼と結婚したいと親に話したとき、 「中国人なんて、やめておきなさい!」 と、母に一刀両断された。

食品ロス(フードロス)と私の街

恵方巻のシーズンになって、食品ロス(フードロス)の問題がクローズアップされていたようですね。 日本語の「もったいない」という言葉は、文脈によっては、英語にも中国語にもぴったり翻訳しにくい単語です。ある種日本人独特の概念でもあり、その日本におい…