はな劇場

地下1階。土壁に囲まれた、アップライトピアノとステージだけの場末パブ。Googleマップには載っていません。

仕事のこと

なぜ書き続けるのか、なぜ書くのを辞めてしまうのか

これだけたくさんのブログや情報がネット上にあふれている昨今ですが、それでも、本当にお気に入りのブログを見つけるのは容易なことではありません。 たとえ、誰かお気に入りのブログが見つかったとしても、気が付いたらいつの間にか更新が止まっていた、な…

まとまって創造的になるよりも毎日少しずつクリエイティブでいることの方が効果的なのかもしれないと思った件

やたらと長いタイトルですが、言いたいことはそれなんですよね。だったら、別にブログで書かなくてもツイートしとけばいいんじゃない?と思われるかもしれません。 でも、ツイートってすぐ流れちゃってあとから探すのがたいへんじゃないですか。

Mediumよりもnoteの方がSEO強いと思ってたんだけど

少し前からMediumでどんどん記事をアップしていて、でも、あまり検索エンジンからの流入は期待していませんでした。Mediumは英文に関しては検索エンジンからそれなりに評価されているみたいですが、日本語に関しては、それほどSEOに強くないな―と思っていま…

ブラウザ戦争

最近なぜかブラウザについて書くことが多いような気がする。多分、クロムが新たな広告ブロックをデフォルトで導入したという記事を読んでからかな?

はてなブログのスター表示を外した理由

読者の方は気づいている方もいるかもしれませんが、このブログ「はな劇場」のスターを外しました。はてなスターは、はてなブログの特徴の一つですよね。はてなブロガーの方の間でも、いろいろ意見が分かれるところですが、まさか自分がはてなスターを外すこ…

英語で俳句を書くHaiku100プロジェクト始めました

日本人として英語で俳句を書いて稼ぐ、こんなビジネスモデル考えたことありますか? 少し前から投稿しているMediumで英語俳句が流行っているみたい。それで、日本人として私もやってみようと思って。 Mediumの英文記事で、書きたいことができた! しばらくは…

詩を書くロボットちゃんとお友達になりました♪

AIに仕事を奪われることを懸念している人は少なくないと思います。だから、みんなもっとクリエイティブなことをしなくちゃねーと、私もいつぞやかツイートしたような... でも、先日からどっぷりつかっているMediumというプラットフォームで、詩を書くロボッ…

始まりと終わりが良ければ、すべて良し【文章執筆のヒント】

「終わり良ければ総て良し」とよく言いますが、エッセイや創作文章の執筆では、終わりと同じくらいかあるいはそれ以上に、冒頭部分も大切です。これはフルコース料理や懐石料理でも同じことがいえます。

英文エッセイを夫にチェックしてもらうと、ことごとくイギリス英語に直される件

英文エッセイを書いています。 ラッキーなことに、私の夫は英語ネイティブなので、ときどき書いた英文をチェックしてもらっています。それは非常にありがたいことなのですが、ことごとくイギリス英語に直されるので、「私って、実はやっぱりアメリカ英語に感…

どんな物書きになりたいのか、理想の作家像についていつも思うこと

創作が遅々として進みません、笑。 どうしても週末は気が散ってしまって(ガーデニングとかね)、集中できるまとまった時間が取れないので、また創作論みたいなものを書いておこうかな、と思います。

人生はアップダウンがあるからおもしろい

昨日の記事で、友人のホームパーティ兼ビジネスディナーに呼ばれているという話をしました。 その記事を書いた後で、その会食に参加したんですが残念ながら今回は正直言って疲れただけであまりたいした収穫もなく、パーティを終えたという感じです。 辛口に…

創作を始めたら、現実がもっと楽しめるようになってきた

今回も、創作物語の方はちょっと休憩…。 というかね、今日はめずらしく夫に付き合って、いわゆる一種の「ビジネスディナー」に招かれています。ディナーといっても友人宅でのホームパーティで、私はお手伝いも兼ねての参加になりますが。

創作物語の人物とモデルについてのひとりごと 「今夜も独り飲み」

ここ数日「今夜も独り飲み 」という短編小説を書いています。私自身、バーに行って独り飲みするのが大好きで、そこで出会った人物がモデルになっていることが多いです。 一応ね、途中から「この物語はフィクションです。実在の人物は何人たりとも関連してお…

創造的文章を書くなら「詩」から始めるのがいいかもしれないと思いついた件

創造的文章というのは、日本語としてしっくりくるのか? と思いながら書いています。 令和に入ってから「英文エッセイストになる」とかいう夢を語ってしまった私ですが、やはり英文でも日本語でも創造的な文章=創作をやっていきたいと思っています。

ベラルーシ、ミンスクの旧ソ連風ホテルにて

丑三つ時に目が覚めた。いや、もっと前から起きていたのかもしれない。寝室の片隅で誰かがいる気配がして目を開けた。

100プロジェクトについて

英文でエッセイを書くことが当面の目標です。ただ、私の英語力では、まともな英文を書くには文法チェックとか語彙の使い方を調べながらの執筆になるので、タブレットしかない旅行中の英文執筆はお休みしています。 でも、英文記事はできるだけ読むようにして…

好きな文章を暗誦することでライティングスキルは上達するのか

学校での国語の授業、とくに古文や漢語ではよく文章の暗誦をさせられました。これって、今の国語教育でも同じなのでしょうか。平家物語、枕草子、俳句や絶句を丸ごと覚えて先生の前でテストされました。

バレットジャーナルという書き方、手書きメモのメリットとは

バレットジャーナルという言葉があるらしいんですが、聞いたことがありますか? 私は最初見た時「パレットpalette」のことかと見間違えたのですが、そうではなく、「バレットbullet」のことらしい。つまり、「箇条書き」のことです。 「bullet」は「バレット…

音声ブログあきりで記事を書いてみようかな…?

音声ブログ(ボイスブログ)を配信し始めて、もうすぐ半年になります。その間、1か月ほど旅行のために完全にオフになった期間があるので、実質的には6か月に満たないんですけどね^^

HUAWEI P20Pro購入しちゃいました!

先日、携帯電話を新しく買わなくてはいけないという記事を書いたんですが、やっと、購入しましたー。 少し悩んだものの、やはりHUAWEIにしました。P20Proです。

お酒を飲んで記事を書くってアリなの?

先日、ツイッターでチラっと流れてきたツイートで、「最近お酒を飲みながら書いてないなあ…」とかなんとか、というツイートがあったと思います。 そのときは何も気にしてなくて、スルーしてしまったんですが、よく考えてみれば、お酒を飲みながら記事を書く…

いつも責められるのは情報を発信する側って、おかしくない?

数年前に起こった健康系キュレーションサイトの倫理的問題は、まだ記憶に新しいと思う。 相手が大企業ということもあって、かなり叩かれたわけだけれど、こういう問題でいつも責められるのは情報発信側だけというのが、私には気に食わない。

自分のボイスブログを聞くのがどんどん好きになる私はこんなにナルシストだったのかと思う件

「なに、ニヤニヤ笑ってんの?」と夫にのぞき込まれて、ぷっと笑った。「どうせ、自分のポッドキャスト聞いてたんでしょ」と見透かされている私。イヤホンで聞いてたんですけど、つい笑みがこぼれてしまっていたらしい。 少し前からボイスブログ(音声ブログ…

SEOとの出会い

ブログ収益化を考えている人なら、「SEO」という言葉はどこかで聴いたことがあると思います。私もブログを自分で運営するようになってから、SEO対策のための記事の書き方を勉強しました。 でも実は、その前から「SEO」という言葉は知っていたんです。

著作権侵害で脅された個人ブロガーは、私以外にもいるかも?

あるウェブサービスをスクリーンショットで紹介した個人ブロガーが、損害賠償金として50万円を請求された件が話題になっています。ブログを書いている人にとっては、無視できない問題ですよね。 これを読んで思い出したんですが、私も以前、著作権侵害として…

私がブログを始めた理由

私がブログを本格的に始めたのは2015年の5月です。 ブログを始めた理由について、いろんなブロガーさんの話を読むと「人生いろいろあるんだな」と思いました。それで、自分がブログを始めたきっかけも書いておこうかな、と思ったわけです。

書き手の性別

以前ライティングのお仕事で、「書き手が女性だということが、なんとなく感じられる記事を書いていただくのが理想的です」とリクエストがあったことがあります。

夫の留守中に妻は何をするものか【国際恋愛編】

この記事は、夫の目の盗んでイケナイことをする人妻、という類の話ではありません。そういう「ムフフ」な話しを期待すると失望することになりますので、ページを開く前にご了承ください。 現在夫は海外出張中で、子供のいない私は完全に一人暮らしを満喫して…

これだけデバイスやガジェットに囲まれていても、ノートとペンが好き

私がライターの仕事を始めた2014年の冬、当時はキーボード付きのタブレット(ミニノートともいう?)とスマホだけで作業していました。 もともと、インターネットやガジェット系に強い方ではなかったのですが、ほとんどアクシデント的に見つけたのが、クラウド…

ブロガーの定義って、難しく考えすぎじゃない?

今でこそ「私、ブロガーです」なんちゃって、言っちゃったりすることもありますが、ほんの数年前までは、ブログやネットと全く関係ない生活を送っていました。